2008年06月23日

禁断の奥州街道(その14:福岡宿〜三戸宿)

三日目は雨となり、斗米駅を降りる足取りもやや重い。
旧道はまだしも、国道で疾走する大型トラックのしぶきを浴びながら歩くのは気が滅入る。

名前が気にかかる金田一宿は雨の中、人っ子一人通らず見所も無い。
足早に通り過ぎる。

20080623金太一宿s-.jpg


この辺から、道探しの迷走が始まり、今もあるのか無いのかはっきりしない街道を探して、右往左往。
今日のお目当ての、岩手県と青森県の境にある蓑ヶ坂青森県側の登りり口にたどり着くと、とても歩ける状態で無い事が判明。
すごすごと、国道に戻り青森県側に大迂回。

20080623蓑が坂看板s-.jpg  20080623蓑が坂登り口s-.jpg


青森県側もあまり急坂ではないようだが、草茫々。

20080623蓑が坂青森県側s-.jpg


諦めて三戸への道を下り始めると古びた、案内標識を発見してこれに続いている道は轍の跡もあり、何とかなるのではと再チャレンジ。
なんとこの雨の日に、下草刈りの作業をしている人があり、感謝感激して、無事峠にたどり着く事が出来た。
これも天佑のようで、街道歩きの醍醐味か。

峠にはここも明治天皇の足跡だが、吉田松陰が若干21歳の時に東北遊学時に足を印しているのが意外だった。

20080623蓑が坂刈り込み後s-.jpg  20080623蓑が坂碑s-.jpg


三戸城の見学などでも予想外の時間をとられ、3時間で済む予定が9時間と、大幅な超過。
道迷い、道探し、行止り、迂回と悪戦苦闘の一日だった。

20080623三戸城門s-.jpg  20080623三戸駅s-.jpg


ようやく青森県に入ったが、これから先はまた鉄道から離れる為、アプローチに苦労する。
この次来れるのは何時の日か。




posted by 遊戯人 at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 奥州街道(白河以北) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。