2008年09月27日

鎌倉街道中道(その3:二子玉川〜新宿)

荏田から二子玉川までは大山街道の道筋と同じなので省略し、この日は二子玉川から都内の道を辿る。

都内の中道は二筋あって、二子玉川から一つは渋谷、新宿を経由、もう一つは世田谷、中野を経由。
二つの道は赤羽で合流して荒川を渡り、岩槻を越え日光御成道、奥州街道へと繋がる。

世田谷ルートはこれも一部大山街道と重複するので、渋谷ルートへ足を運ぶ。

二子玉川の駅前は大規模開発で中道の古道は無いが、丸子川に沿って大山街道があり、大山街道の道標が。
「左西赤坂道、南大山道、右東目黒道」

20080927南大山街道道標s-.jpg


旧道は上野毛を越えて、目黒通りに合流。目黒区上馬、下馬あたりで源頼朝の伝承の葦毛塚をみる。
上馬、下馬の地名はそもそも、この辺が湿地帯で頼朝の奥州征伐の時に、下馬したところが下馬、再び乗馬した所が上馬とか。

20080927葦毛塚s-.jpg


目黒区から渋谷区へ抜ける目切坂の案内に、鎌倉街道の言葉が見える。

20080927目切坂s-.jpg


上り切ったところに、重文の朝倉家がつい先日から公開されていて、内部も庭も素晴らしく、隣の代官山ヒルサイドテラスの散策がてら訪れるには絶好だ。

20080927朝倉家住宅s-.jpg  20080927朝倉家住宅内部1s-.jpg  20080927朝倉家住宅内部2s-.jpg


街道は、猿楽町を越え、青山、表参道と続くがここでも街道にとっても鬼門の繁華街で、迷いに迷い、漸く千駄ヶ谷の鳩の森神社に辿り着く。
ここは立派な富士塚が残っており勿論登頂参拝。
昔は富士が見えたのだろう。

20080927鳩の森神社富士講2s-.jpg  20080927鳩の森神社富士講2s-.jpg


街道は新宿御苑内を抜けるが、迂回して新宿駅で歩き終える。
都内の街道としては、今日の部分は掘り出し物も多く楽しめた。


posted by 遊戯人 at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 鎌倉街道中道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。