2008年10月15日

禁断の奥州街道(その20:吉岡宿〜古川宿)

明日晴れて、吉岡宿を早立ち。

宿の外れに芭蕉も通った中山越えのある、出羽海道との追分がある。
境田までは全くの山の中だが、それでも海道。

063940s-.jpg


朝靄の中の、稲束が美しい。何となく感じる日本の佳き田園風景。

070238s-.jpg


吉岡宿から駒場集落までの旧道は、レジャーランドやダムが出来て失われ、大きく迂回する。
久しぶりに出あった東北自動車道を右左に縫いながら、三本木宿へ。
この辺でも明治天皇の足跡は健在だ。

20081015明治天皇碑s-.jpg


僅か8500人の人口規模にしては、不釣合いに立派で大きい町役場。
街中にある旧家に、少し補助金をつけて観光資源として整備すれば良いと思うが、見に来る人もいなさそうだ。
新建材で作られた、当たり前の店に変わってしまうのも時間の問題。
官が栄えて民が縮む地方都市。

20081015三本木町役場s-.jpg  101729s-.jpg


火炙りの処刑者を弔う為に、仙台広瀬川の石で建立したという大豆坂地蔵尊。今は延命子育て地蔵。
この程度のものはあちこちにあると思うが、日本一の大きさとうたっている。

20081015大豆坂地蔵s-.jpg


古川宿に入り白玉姫の歌枕の緒絶橋。
 みちのくの緒絶の橋やこれならん ふみみふまずみ心まどはす(藤原道雅)
今日11月23日は、いいふみの日。

20081115緒絶橋s-.jpg


大正デモクラシー指導者、吉野作造の学んだ古川小学校は懐かしい木造校舎が現在も使われていた。
吉野の号は古川学人。

古川小学校s-.jpg


この先は交通の便が極端に悪いので、昼を少し過ぎたばかりだが早々と打ち止めた。
次はいつか。


posted by 遊戯人 at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 奥州街道(白河以北) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。