2010年04月29日

岩城相馬街道(その5:勿来〜湯本宿)

勿来駅前で、源義家の像など眺めて、関田宿に入る。
街道の松を避けて道の方が微妙にカーブして、配慮に感心する。

20100429義家像s-.jpg  20100429松s-.jpg


中田八坂神社の夫婦杉。夫婦杉はあちこち見かけるが、ここはそれが二本並立して珍しい。
安良という集落の、梵字の回国供養塔も珍しい。

2000429夫婦杉s-.jpg  20100429回国供養塔s-.jpg


植田宿では吉田松陰の碑を見物。東北遊学の時に立ち寄っている。
省みて、植田町の道路元標は哀れにも旧郵便局の横に打ち捨てられていて、町の意識を問わず語りに示している。

20100429松陰碑s-.jpg  20100429植田町道路元標s-.jpg


植田宿を抜けると、長寛な田園風景となり他の畦が切られて水の音が耳に優しい。
あちこちで田植えの準備で、豊葦原瑞穂の国の営みが始まっている。

20100429田園風景s-.jpg


JRの線路を渡り、右手からトンネル上部を越えると新田坂の朽ち果てた標識があり、ここからは岩城相馬街道初めての山道となる。
峠には、最近造られた茶屋風の小屋もある。

20100429新田坂碑s-.jpg  20100429新田坂s-.jpg  20100429峠の茶屋s-.jpg


坂を下り終わると、渡辺宿、さらに初田宿。

中部工業団地の入り口に、ちょこんと添えられた一里塚の碑を発見。
足を進めて、上船尾宿入り口にレトロな映画看板。
「映画看板のある風景実行委員会」と言うのがあったそうだが今でも存在しているのだろうか。

20100429一里塚碑s-.jpg  20100429映画看板s-.jpg


湯本宿は日本三古湯の温泉で有名だが、駅前は、ブロンズ通りという名称で何故か色々なブロンズ像があり、温泉と全くそぐわないイメージでで意味不明。
駅前には立寄り湯が見当たらず、せめてもの源泉からのお湯に足湯をする閑もなく、タイミングよく列車が来て飛び乗った。

20100429ブロンズ像s-.jpg


posted by 遊戯人 at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 岩城相馬街道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。