2010年10月29日

岩城相馬街道(その12:新地宿〜岩沼宿)

明けやらぬ太陽のもと、新地駅へ戻り最後の行程へ。

名前の謂れが気にかかる十三奉行溜池で県境を越え、宮城県へ入る。
この辺は溜池が多く、これも二宮尊徳士法の影響か。
上平集落では、建売でもないのに全く同じような外観を持った家が軒を連ねている。分家だろうか。

20101024日の出s-.jpg  20101024十三奉行溜池s-.jpg  20101024上平集落家s-.jpg


坂元宿は各家が全て火の用心の旗を出してるのが珍しい。他の町でも見受けたのでこの地方の伝統かとも思われる。

20101024坂元宿s-.jpg


山下宿の当護稲荷神社の鳥居の傍に、江戸浜街道についての説明があり、宮城県ではもっぱら江戸浜街道と呼ばれている。

この神社には沢山の石碑が集められており、珍しい蛇の姿が彫られていた。蛇神か。
この町も古いものはなく、唯一旧検断屋敷跡が残っている。

20101024江戸浜街道説明碑s-.jpg  20101024当護稲荷神社碑s-.jpg  20101024山下宿検断s-.jpg


間の宿といわれる横山は、また例の火の用心。
町の外れに一里塚跡があるが、ゴミ置場となっていて何の説明もなく打ち捨てられている。

20101024横山宿s-.jpg  20101024横山一里塚s-.jpg


亘理町立郷土資料館が国道越しに見える。
お門違いの城郭風だが、亘理には臥牛城といわれた城があったので、その雰囲気だけでもという事か。

亘理宿入り口の称名寺で、国の天然記念物のシイを見る。
相馬地方以北、数々の巨樹を見たがその中では存在感が圧倒的に一番。姿かたちが少し山代の神代桜にも似ているようだ。

20101024亘理郷土資料館s-.jpg  20101024称名寺シイs-.jpg


亘理宿は珍しく、町名などの説明碑が立っている。古い建物も散見され、漁港を控えているせいか、この地方では珍しく町に活気がある。
たまたまこの日は「商人祭り」が開かれていて、若い人も多く、寂れた街ばかりを見る事が当たり前だった目が驚いた。

20101024亘理宿建物s-.jpg  20101024山田屋s-.jpg  20101024商人祭s-.jpg


逢隈を過ぎると、阿武隈川越しに奥州街道を歩いたときも目にしたダイナミックな日本製紙の工場が見えてくる。
橋の手前に333kmと分り易い道路標識がある。

橋を渡って、終着点の岩沼宿に入るが、排水機場の傍にある藤場の渡跡と言われる場所に立ち寄る。
何の標識も無いが、確かに人工物の石積の跡が残っている。
江戸時代のものが水流にも押し流されずに、この姿で残っているとも俄かに信じがたいが、これも街道の夢として記憶に留める事にした。

20101024日本製紙s-.jpg  20101024排水機場s-.jpg  20101024藤場の渡しs-.jpg


岩城相馬街道は竹駒神社寺手前で、鍵の手に曲がってくる奥州街道と合流し、ここが今回の旅の終着点という事になる。
ここも何の標識もないのは真に残念だ。

交差点の角にある店の方に伺うと、以前は標識が立っていたが、8年前に道が拡幅された時に撤去されてしまったとの事。

20101024追分s-.jpg


日本三大稲荷の一つの竹駒神社を再訪し、奥州街道を歩いた時は修復中だった唐門を確認。
勿論、旅の無事をお礼参り。

直ぐ傍に、名所の武隈の松があり、ここも再訪。
芭蕉は「桜より松は二木を三月越し」と詠んだが、三月どころでなく十ヶ月も掛かった街道だった。

20101024竹駒神社唐門s-.jpg  20101024竹駒神社s-.jpg  20101024二木の松s-.jpg


posted by 遊戯人 at 19:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 岩城相馬街道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。