2012年06月15日

大山街道柏尾道

大山を目指す大山道は数多くあり、関東近辺の街道を歩くとその名残にしばしば遭遇する。
柏尾道は、その中でも比較的メジャーで、東海道戸塚宿手前の柏尾の不動坂で東海道から分岐して下糟屋で矢倉沢往還と合流する。

取り掛かって放置状態の大物の北国街道や、三国街道をひとまず置いて、この大山街道のバリエーションルートを歩いてみた。

柏尾道に入る前に、東海道沿いの益田家のモチノキに再会する。ここを歩いたのは既に11年も前になり一際懐かしい。

直ぐに柏尾不動堂が現れ、多くの道標が残されている。
堂の前には休憩のための桟敷が設けられているのが有難く、カラーコーンに「柏尾町大山年参講」とあり、町内にまだ講中が残っている事を窺わせた。

20120615モチノキs-.jpg   20120615柏尾不動堂s-.jpg  20120615柏尾町カラーコーンs-.jpg
 

東海道線を大山跨線橋で越えるが、付近には大山と言う地名はなく、この名前は道が大山街道であった事を示しているに違いないが、それに気づく人は殆どいないだろう。

20120615大山跨線橋信号s-.jpg 


阿久和川沿いの旧道は、車の入らない緑道となっていて気持ちが良い。
不動橋で向導寺裏の富士塚に立ち寄る。結構立派な塚だが残念ながら手入れされている気配は全くなく、雑草の生い茂るにませていた。

20120615阿久和川緑道s-.jpg  20120615富士塚s-.jpg


不動橋を渡った永明寺別院の前には、不動明王を戴いた道標。
大山街道では有名な三軒茶屋の道標を始めとして、不動道標はありふれているが、他であまり見た記憶がないので大山街道独特のものだろうか。

20120615永明寺別院前庚申塔s-.jpg


中川地区センターの駐車場に、石碑群が集められている。この街道はとにかく石碑が多い。
道は泉区総合庁舎付近で長後街道と合流し、その付近に珍しい蚕御霊神塔がある。。
蚕神碑は結構あちこちで見かけるが、蚕御霊神塔は霜害で桑が枯れて蚕を育てられなくなり、蚕を埋めてしまったことの供養と言う。

20120615石碑群s-.jpg  20120615蚕御霊神塔s-.jpg


道端の空き地の中に庚申塔がある。
元々は街道沿いにあったものが移設されたのか、そもそもこの庚申塔の前が街道だったのか。

20120615空き地の庚申塔s-.jpg


境川手前で鎌倉街道上道と交差する。鎌倉街道上道を歩いた時のおぼろげな記憶が蘇る。
境川はその名の通り相模と武蔵の境の川で、この辺は横浜市と藤沢市の行政境となっていて、河岸は瀬谷駅付近から江の島まで辿る事が出来るサイクリングロードがある。
どうという事のない川だが、自転車でも走っているのでここも懐かしい。

20120615境川s-.jpg


小田急江の島線を越えると仙元塚がある。仙元塚は浅間塚で、富士塚とされている。
富士塚自体は、宝永の噴火の灰を集めて造ったと言われるが、今は笹に覆われ、富士塚とは言いがたい低さとなっている。

少し歩くと長後市民センターで、ここにも多くの石碑が集められている。

20120615仙元塚s-.jpg  20120615石碑群1s-.jpg


引地川を渡って棚を上り返し、旧長後街道に入ると工場の塀の一部が透明になっていて、内部に御所見塚の説明版と石碑がある。何故説明版を道路に出さないのかは不思議。
本来は桓武天皇の桓武天皇の第二皇子、葛原親王が葛原の地に下向された際に造られた御所を眺める事が出来た円墳があったと言うが、今は整地されて跡形もない。

20120615御所見塚跡s-.jpg


中原街道と交差する用田の辻に不動道標がある。ここがこの日に出会った歩いた事のある街道三つ目。
不動は良い表情だが、道標の「右大山道」と言う文字は落剥して殆ど判別出来ない。

20120615用田の辻不動道標s-.jpg


居合橋への道筋には、光背が赤く彩られた不動道標や美しい苔に囲まれた道祖神がある。

20120615赤の大山道標s-.jpg  20120615苔の道祖神s-.jpg


相模線を越えると渋谷神社がある。神社と言いながら鐘楼があり、神仏混淆の名残りだろう。
海老名市の重要文化財の本殿は彫刻が部分的に彩色されており、異彩を放って見える。

20120615渋谷神社鐘楼s-.jpg  20120615渋谷神社本殿s-.jpg


道は相模川の戸田の渡しに向っていく。
河川敷に入る手前に銀杏の木に守られるように、道路の真ん中に不動道標があり、交通の邪魔この上ないが移築されずに良く残ったものだと感激する。
さがみ縦貫道が建設中の相模川を渡ると大山も間近。

20120615戸田の渡し不動道標s-.jpg  20120615戸田の渡し不動道標1s-.jpg  20120615さがみ縦貫道s-.jpg

渋谷川沿いからは大山が良く見える。
小田急を越えた下糟屋で、矢倉沢往還と合流する。
矢倉沢往還を歩いて、大山阿夫利神社まで登ったのは5年前になる。この道はいつか来た道、もう一昔前の感慨が新た。

20120615大山s-.jpg  20120615下糟屋青山道合流点s-.jpg

流石に一日で大山に登るのは難しく、下糟屋の追分から、矢倉沢往還を逆に辿り愛甲宿まで歩いて今回の街道を終えた。
5年前は、何のために阿夫利神社に行ったのかと思い出しながら。


posted by 遊戯人 at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 大山街道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。