2009年02月03日

鎌倉街道上道(その2:鉄砲宿〜瀬谷)

春の陽に誘われて、戸塚鉄砲宿から続きに繰り出した。
この日のルートは境川沿いで田園風景が多く、のんびり歩くには絶好の道筋だ。

俣野では、山の中に突然高層のビルが現われる。これが昔の横浜ドリームランドのホテルエンパイアだ。
ドリームランドはとっくに閉鎖され、横浜市がメモリアルグリーンなる公園墓地に再整備した。
ホテルは都筑学園が買い取り、グループの学校の横浜薬科大学図書館として使われている。

虎は死して皮を残すが、ドリームランドは死して、墓地と学校を残した訳だ。
ホテルもお祭り気分の裳階と相輪は取り払われたが、廃墟とならず生き長らえただけでも善しとしたい。

enpaia.jpg  20090204ホテルエンパイアs-.jpg


のんびりした風景の中に、庚申塔が今も見守る上州に続く道が続く。

20090203庚申塔s-.jpg


飯田は、昔源頼朝を助けたという飯田五郎義家が与えられた土地で、いかにも街道らしい立派な長屋門を持った家なども多い。

20090203庚申塔s-.jpg


境川沿いにはサバと読む左馬神社、鯖神社が11もある。
祭神は源義朝で、頼朝の父親だ。平治の乱で左馬頭に任ぜられたことから関係付けられたようだが、そもそもなぜサバ神社と言うのかは不明。
鎌倉街道だけあって、普段は知らない源氏に関する史跡は多い。

20090203左馬神社s-.jpg


上飯田の本興寺は日蓮に由来の寺だが、境内の地表全域に薄砂が撒かれていて、樹の配置にあわせた揺らぐような刷毛模様がつけられている。
その感覚に心が休まる。

20090203本興寺s-.jpg  20090203本興寺揺らぐ砂s-.jpg


三叉路の真ん中に地神塔が鎮座する。
普通は撤去して移動されてしまうのだが、そのままの位置に残っているのは珍しい。

20090203地神塔s-.jpg


歩き終わって、最寄の瀬谷駅に行く途中に帰りがけの駄賃で一見一里塚風の「鷹見塚」を発見。
慶長年間、徳川幕府は旗本長田氏に上瀬谷をお鷹場支配として与え、この「鷹見塚」は将軍家鷹狩の指揮所として築かれたとか。
長田氏の先祖の一人の長田左衛門尉親致の弟忠致とその子景致が源義朝を殺戮しているので、この鷹見塚も源氏つながりという事になる。

20090203鷹見塚s-.jpg


何の予習もしない街道歩きだが、復習に時間を取られるのもこれも旅の楽しみ。


posted by 遊戯人 at 23:00| Comment(3) | TrackBack(0) | 鎌倉街道上道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
このあたりいつも歩いていますね。先日ここで野菜を買いました。
Posted by 白髪閑人 at 2010年11月10日 07:42
この辺は白髪閑人さんの、地元でしたね。

主要道から一本裏道に入っているので、のんびり歩けるところです。

箸休めの、鎌倉街道上道神奈川県編をお楽しみ下さい。
Posted by 遊戯人 at 2010年11月10日 08:23
主要道(県道402)に「かまくらみち」という通称がついている部分もありますが裏道のほうが趣きがあります。どこを歩こうか楽しく検討しています。
Posted by 白髪閑人 at 2010年11月10日 08:30
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。