2009年04月26日

塙保己一

街道:鎌倉街道上道
場所:保木野(児玉宿近郊)

20090426塙保己一墓s-.jpg gunsho.jpg

塙保己一:延享3年(1746)〜 文政4年(1821)

盲目の国学者で、日本最大の国書の叢書の群書類従を編纂したことで有名。
本当の墓は四谷愛染院にあり、温故学会の塙保己一記念には群書類従の版木が保存されている。

辞世では無いが「身にあまる恵みある世はよむ文の 少なきのみやなげきなるらん」
墓には「和學院殿心眼智光大居士」の戒名が刻まれていて、目明きとして恥じ入るばかりだ。


posted by 遊戯人 at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 街道回向院 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。