2009年06月30日

禁断の奥州街道(エピローグ:龍飛岬)

旅の終わりは旅の始まり、感慨と共に早速次の旅に思いを馳せるのは、旅人の業でもあり本能だ。
奥州街道は三厩が終着点だが、「風の岬」の龍飛岬まで足を伸ばした。
これは、新しい旅の始まりだ。

司馬遼太郎が「街道をゆく―北のまほろば」に太宰治の「津軽」から本歌取りして、龍飛岬をこう書いている。

・・・江戸時代の千住を出発すると奥羽街道が、関東と奥洲をながながとつらぬき、ついに津軽半島にいたって松前街道と名がかわり、半島の先端の三厩村(竜飛崎)で尽きる。古街道としては、墨痕一筋というべき雄大さをもっている。・・・ 日本中の道という道の束が、やがて一すじのほそいみちになって、ここで尽きるのである。・・・

「街道を行く」全43巻の中でも、津軽の土地と奥州街道を、僅かな言葉で示しきった畢竟の名文と言える。

本歌である太宰治の「津軽」の
「ここは,本州の袋小路だ。・・・そこに於いて諸君の路は全く盡きるのである」の一文が刻まれた碑を見て、盡きた路から反転して、日本唯一の階段国道を上り詰めると、風の岬の名前に相応しい強風が迎えてくれる。

20090630竜飛港s-.jpg  20090630階段国道s-.jpg  20090630竜飛灯台s-.jpg

龍飛崎は龍が飛ぶかの如く、1年中強い風が吹いている事から名付けられたとも言われるが、まさにその通り。

チベットには空中歩行が出来る「風の行者」と言う修行僧がいて、矢の様に早く歩きながらも、無意識的に周辺の全てを捉え、そこに新しい意識状態が形成され、ひいては、世界についての考え方が変わる修行をしていると言う。

風の行者の域に辿り着けないが、また新しい旅を始め、歩くことを通じて、何時までも爽やかな風を感じていたいものだと、風の岬で海峡の潮の流れを見つめつつ思いを込めた。

20090630竜飛岬俯瞰s-.jpg


posted by 遊戯人 at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 奥州街道(白河以北) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。