2010年02月06日

浜街道(その2:町田〜横浜関内)

歩き初めから大分経ってしまったが、前回に引き続いて、町田〜横浜関内を歩いて短い絹の道は2回で完結。

町田から所謂八王子街道(16号線)と重なる部分が多く、単調な国道歩きを予想したが、旧道は何故こんなにと、不思議なくらい国道の右に左にと曲がりくねって残っており、結構楽しめた。

標高僅か100.5mだが高尾山の名前も付いている横浜市内唯一の一等三角点を持つ場所にも寄り道し、そこからの雪の付いた丹沢の眺めは長閑だ。

20100206飯綱神社からs-.jpg


過去に歩いた鎌倉街道上道、中道、大山街道、中原街道、東海道と交差したり部分的に同じ道筋だったりもして、あれこれ記憶を辿り懐かしい。
若葉台付近では、鉄製の水道橋が空をよぎる不思議な光景に遭遇。
鶴ヶ峰付近では、畠山重忠主従が祀られた六つ塚も再訪。

20100206水道橋s-.jpg  20100206六つ塚s-.jpg

横浜市内では浜街道は冷遇されているが、上星川手前の環状二号線付近で初めて旧八王子道としての真新しい碑を発見。

20100206旧八王子道碑s-.jpg


東海道の保土ヶ谷宿手前の芝生の追分で絹の道は終わるが、そこから関内まで今度は横浜道という名前の道が続く。

20100206芝生の追分s-.jpg


敬意を表して、横浜道を辿り、関内日本大通りのシルクセンターまで足を延ばす。
シルクセンターは坂倉準三の設計で既に築50年だが、まだ現役で色褪せない姿は健在だ。
コルビジェのモチーフや、今も通用するモダンな色使いなどに敬意を表して、絹の道を歩き終えた。

20100206シルクセンターs-.jpg  20100206シルクセンター換気塔s-.jpg  20100206シルクセンターEVホールs-.jpg


posted by 遊戯人 at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 浜街道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。