2005年10月14日

中山道中膝栗毛:福島〜野尻

福島〜上松〜須原〜野尻と歩き続ける。
殆どが木曽川とJRに挟まれた国道歩きで、宿場近辺だけが旧道と言うコース。

上松では左手に中央アルプス、かって登った木曽駒、宝剣がよく見えてその先の空木などへも思いをはせる。

寝覚の床を上から眺め、須原へ入る。木曽の宿はどこも水音が豊か、須原では多くの水船が残り日常に使われている。

20051014寝覚の床.JPG

木曽の清水寺とでも言うべき岩出観音堂と木曽の名刹定勝寺を拝観。途中道に迷いながら野尻へ急ぐ。
迷った分だけ時間が足らず、何しろ列車は1時間半に一本しかない。
禁じ手の走りを3km位入れて何とか駅に滑り込み。

夕なずむ木曽谷の野尻のホームは人影無し。

20051014野尻駅.JPG


posted by 遊戯人 at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 中山道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。