2006年04月17日

一石橋の迷子石

街道:甲州街道
場所:一石橋

20060208迷子石.JPG

甲州街道沿い東京駅の横の、一石橋たもとに珍しい迷子石があります。

江戸時代のもので正面に「満よひ子志るべ」、右面に「志らする方」左面に「たづぬる方」と彫られ、左右の窪みに迷子の特長・似顔絵を書いた紙を貼って、迷子の情報の共有に役立てたということです。

昔から東京駅の「銀の鈴」的な仕組みがあったのですね。

似たようなものが東海道の桑名宿にもあります。
浅草観音にもあると言うが未見。


ラベル:迷子石
posted by 遊戯人 at 19:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 街道博物誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。