2006年04月17日

大宗寺の銅造地蔵菩薩坐像

街道:甲州街道
場所:内藤新宿

20060208太宗寺地蔵.JPG

普通、地蔵と言うと小さな像を思い出すが、これは3m近い巨大なもの。

江戸六地蔵の一つとして建立されました。
六地蔵とは正徳2年(1712)に地蔵坊正元が10年がかりで江戸中からの浄財によって、旅人と江戸市民の安全を祈願して各街道口に建立。

他の五つは
品川寺 東海道   
東禅寺 奥州街道 
真性寺 中山道  
霊厳寺 水戸街道  
浄名院 (上野)

本来は千葉街道の永代寺が地蔵のあった寺だが、廃棄されたと言うことらしく、代わりに上野の浄名院が名乗りを上げたとか。 


posted by 遊戯人 at 19:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 街道博物誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。