2006年04月29日

聖オルバン教会

街道:中原街道
場所:飯倉

設計者:アントニー・レーモンド
竣工:1956年

20051225聖オルバン教会.JPG

レーモンドの建物が東京タワーのすぐそば、こんな所にも。
50年経っているが、木造のシンプルな形態は古さを感じさせない。

写真は無いが、隣接して香山壽夫が改築設計をしたライムストーンとスタッコ風のロマネスク的な聖アンデレ教会があり、その対比が面白い。



posted by 遊戯人 at 19:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 街道建物館 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。