2006年05月03日

甲州街道を歩く(最終日:金沢宿〜下諏訪宿)

連休好天に恵まれ、最終日は金沢宿から終着点下諏訪宿までの歩き。

金沢宿では珍しい馬つなぎ石などを見て、田舎道をしばらく歩くと初めて北アルプスの穂高、槍などが姿をみせて目を楽しませる。

20060503北アルプス.JPG


上諏訪宿では連子格子の商家が結構残り、芭蕉の弟子の曾良の墓などを詣でる。

道は高台歩きとなり、眼下に諏訪湖が光るなか旧道をのんびり歩くと、程なく諏訪大社下社の秋宮へ。
色々纏めて煩悩の多い願い事をする。

162822.JPG


そこから指呼の間の神湯錦の湯前が、二年前中山道側から立ち寄った、中山道との分岐で甲州街道終着点。
碑には「甲州道中終点・右江戸へ五十三里十一丁 左江戸より五十五里七丁 正面京都へ七十七里三丁」とある。

20060503甲州街道終点.JPG


諏訪大社下社春宮まで足を延ばし、追加願い事。
前回見逃した万治の大仏も見学。

またまた旅の終わりは旅の始まり、まだ妻籠で途上となっている中山道に思いを馳せて旅を終えた。


posted by 遊戯人 at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 甲州街道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。