2011年03月02日

川越街道(その2:大和田宿〜川越宿)

新座駅から歩き始めるとすぐに、新座市内では最古最大という鬼鹿毛の馬頭観音があり、鬼鹿毛という名馬が、主人小栗のために、亡霊となって走り続けたことを弔うためと言う解説がある。

鬼鹿毛と小栗といえば当然小栗判官だが、不思議なことにその説明はない。
さすがにここでは小栗判官と言わずに「昔、秩父の小栗という人、・・・」とちょっと遠慮した書き方になっている。伝承では小栗判官のモデルは常陸の国の在とされるので、秩父とはかなり違う。

この鬼鹿毛伝説はあちこちで同じような話があり、それを祀る寺も多いようだ。
小栗判官と照手姫の伝説も、東海道藤沢宿や中山道の青墓宿でも見受けられたことを思い出す。全国的な人気者だったわけだ。
ともあれ、三面六臂観音様は中々のものだ。

鬼にちなんだのか、隣に芭蕉の「花は賤乃眼にもみえけり鬼薊」の句碑がある。

20110222鬼鹿毛の馬頭観音s-.jpg  


大和田には鎌倉街道の枝道であり「奥州脇道」ともいわれた羽根倉道と言う道が川越街道と交わっている。
この道は、荒川を越え、武蔵一の宮、大宮の氷川神社に通じるとともに、一方は国分寺にあった国府に向かう往還道であったということだ。
少し見ると、いかにもそれらしい道で、川越街道で出会った三つ目の鎌倉街道。

英橋を渡ったところに煙り出しのある豪壮な農家がある。昔の庄屋だったのだろうか。

20110222大和田の鎌倉街道s-.jpg  20110222煙出し農家s-.jpg


跡見女子大学の手前左の小山に、「三国第一山」と書かれた大きな石碑がある。
富士塚といわれるが、合目表示もなく怪しんだが、調べると横を走る県道の改修時に山が削られとかで、多分移設されたのだろと納得。

20110222富士塚s-.jpg


竹間沢からは、立派なケヤキの植えられている中央分離帯が続く。川越街道の碑も重厚だ。
三芳町の説明板には川越街道の距離は、十一里三十四三町三十三間半と、えらく拘わった表示があり、この分離帯の右側が旧街道ということだった。
この辺は旧上福岡市、大井町が合併してふじみ野市となっているが、隣接して合併に反対した富士見市があり、同じような地名に対する行政の感度の低さを表すとともに、ややこしい。
三芳町も合併に反対して、入間郡三芳町と町制のまま存続している。
三芳町の地名は伊勢物語の「みよし野」から取られており、この地名が残存したことはうれしい事だ。

 みよし野のたのむの雁もひたぶるに君が方にぞよると鳴くなる

広源寺では、山門でなくて本堂の前に仁王が据えられている。こういうスタイルはお目にかかったことがなく、立派だが、雨ざらしが気に掛かる。

藤久保交差点の先に、往時と思しき松並木が残る。

20110222川越街道碑s-.jpg  20110222広源寺s-.jpg  20110222松並木s-.jpg


大井宿の本陣跡は、家は建て替えられて標識だけが立っている。
大井の地名も大井戸から由来して井戸の跡が保存されているが、見逃した。
大井小学校敷地内に国の登録有形文化財の旧大井村役場は、入ることは出来なかった。

小公園に角の常夜燈がある。川越街道と大山道との分岐で、「大山 武蔵野地蔵 ところさわ 道」と彫られている。昔からの大山信仰の根強さが確認できる。

20110222大井宿本陣跡s-.jpg  20110222大井村役場s-.jpg  20110222角の常夜灯s-.jpg


国道との合流手前に神明神社があり、隣にかなり侘しい馬頭観世音堂がある。この堂にも大和田宿で見かけた鬼影毛伝説が残っている。

20110222馬頭観音堂s-.jpg


川越に入ると開明地蔵大菩薩があり、別称首切り地蔵。昔刑場が傍にあったのが由縁と。
地蔵信仰は日本全国どこにでもあるが、この街道はとりわけ地蔵が多いのが眼を引いた。必ず理由がある筈なのだが、不明。

20110222首切り地蔵s-.jpg


川越大橋手前の道が、気に掛かる名前の烏頭坂。
説明板に道興准行の「うとう坂越えて苦しき行末を やすかたと鳴く鳥の音もかな」の歌が記されているが、歌の意味も、烏頭坂の由来も書かれていない。
烏頭は善知鳥とも書いて、親子の情愛が深い鳥で親鳥が「うとう」と鳴くと、雛鳥が「やすかた」と応えるという。この知識がないと歌の意味もわからない。
これに関する能が世阿弥の「善知鳥」で、さらに藤原定家の「陸奥の外が浜なる呼子鳥 鳴なる声はうとうやすかた」が有名。道興准行の歌はこれを元にしている。
青森市発祥の地は安方といわれ、多くの善知鳥の伝説が残っている。

さて、なぜここが烏頭坂かと言うと、洞穴のことをウトといい、昔はこの付近に多くの横穴住居があったのではないか、だからウトウ坂と言う説を見かけた。
また、似たような説で「うとう」は「空洞」で空洞状地形、凹状地形を示して、道においては切通しの形状を呈する凹道、峡道を示すと言う推測もあり、現地を歩くとこの説はかなりそぐわしい感がする。

地名一つでも、いかようにも想像は膨らむ事ができる。

市街地に入る陸橋の上からは、歩いてきた関東平野がくっきりと見える。

20110222烏頭坂s-.jpg  20110222関東平野s-.jpg


きっとあるに違いないと思っていて、やはり見つけたさつまいも地蔵尊。まだ真新しいが妙善寺にある。
見事な枡形を過ぎて、レンガ造りの川越キリスト教会は質素だが、味わい深く国の登録有形文化財。
三位一体のシンボルの、三つ葉のクローバーがあちこちに隠されている。

20110222川越さつまいも地蔵尊s-.jpg  20110222川越キリスト教会s-.jpg  20110222川越キリスト教会内観s-.jpg


太田道灌の像のある、大手門跡で歩き終える。
迂闊な事に、太田道灌が川越城を築いたという事を初めて知る。

20110222川越大手門跡s-.jpg


歩き終えた後の街中は、見慣れた景色も心なしか春の気配を漂わせていた。

 おもしろや ことしの春も 旅の空 (芭蕉)

20110222川越s-.jpg  20110222時の鐘s-.jpg




posted by 遊戯人 at 18:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 川越街道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。