2006年07月08日

青梅街道は如何?(その2:田無〜箱根ヶ崎)

田無から歩き継ぐ。

田が無いほど荒れた土地だったというのが田無の謂れ。
今のJRの中央線がここを通って立川に抜ける予定だったが、当時は養蚕が盛んで汽車の煙が桑に有害なので農民が反対して幻の話に。

現状変革に反対するのは、何時の世でも人の性。
今はしかし西武鉄道の天下となっているので、それも愛嬌か。

名物の少ない街道から少し足を伸ばし多摩湖へ、この辺は狭山丘陵の一角で緑も増えてくる。
上と下の二つの貯水池があり、一方は草生い茂り、貯水池は水溜りに毛が生えたようで今年の東京の水事情は大丈夫かと驚いたが、堤体強化工事中で水を抜いているのが理由とか。

20060708多摩湖.JPG

20060708多摩湖2.JPG


街道に戻ると、花小金井に「青梅街道」と言うバス停を発見。さらには西武多摩湖線に「青梅街道駅」と言うものが。
後者は鉄道と街道の交点だから分かるものの、バス停の名前は、これでいいのかな?この辺全部青梅街道なのだが。

調べると、多摩モノレールには「甲州街道駅」、名古屋の地下鉄には「東海道駅」が存在。早い者勝ち。

20060708青梅街道バス停.JPG


これも少し街道から外れ、瑞穂町で里山民家なるものを見学。
谷戸に古民家を新築復元したもので、こういうものも流行りで、川崎の日本民家園の向こうを張っているようだが、巨大すぎてプロポーションも疑問。
わざわざの新築でなく、移築復元でも十分だ。
新手の箱もの行政と言える。

2006008里山民家.JPG


瑞穂町はもう夏祭りだが、あいにくの雨になり、濡れた山車を見ながら箱根ヶ崎で帰路につく。


posted by 遊戯人 at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 青梅街道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。