2011年05月03日

五日市街道(その1:梅里〜砂川七番)

五日市街道は梅里で青梅街道から分岐して、五日市宿までの43kmほどの街道。
江戸時代は伊奈道と呼ばれ、秋川谷で焼かれた炭荷を運ぶのに使われたという。
梅雨に入る前の足慰めで歩く。

地下鉄新高円寺駅前に「五日市街道入口」の信号があるが、本当の旧道はその少し先。
少し道を外れて慶安寺に寄り、前野良沢の墓を詣でる。解体新書のもう一人の翻訳者の杉田玄白の墓は中原街道沿いの虎ノ門の猿寺といわれる栄閑院にあり、ここも詣でたものだ。

成田東で鎌倉街道中道と交差する。この道は中道のバリエーションルートで大宮八幡から練馬城、赤塚城へと抜け昨年末に歩いた道で懐かしい。

20110503五日市街道入口s-.jpg  20110503前野良沢墓s-.jpg  20110503鎌倉街道s-.jpg


この交差点から鎌倉街道を少し北上すると、天桂寺。
杉並の地名は旧田端村の領主の岡部氏が、青梅街道に杉並木を作ったことに由来するといい、天桂寺に岡部家累代の墓が祀られている。
青梅街道を歩いた時の杉並木は殆ど記憶にないのだが。

20110503岡部氏墓s-.jpg


少し先から七曲といわれる道となり、善福寺川を越えて現道を縫うように九十九折に右に左にと続く。
さほど急な地形でもないので、その理由はわからない。

環八の手前に、真新しい五日市街道の碑がある。

20110503五日市街道碑s-.jpg


大宮前の春日神社には多くの力石がある。一つ一つに重さが彫られているのが珍しい。
大宮前という地名も大宮八幡からでなく、春日神社が大宮ということで、その後杉並区が大宮八幡の大宮との混同を避けるため宮前という略称に変更したと言うからややこしい。

20110503春日神社力石IMG_6578s-.jpg


少し行くと、屋敷林だった欅の伐採痕があり、その説明が個人によって紙に書かれている。伐採は昭和56年との事なのでもう、30年の昔だ。
この屋敷林の持主だった方は、伐採を惜しみ、それ以来延々と紙でここに由来を貼り続けているのだろうか。不思議だ。
街道で伐痕が残って解説が付いているものは、日光街道の七本杉位で珍しい。

20110503欅伐採痕s-.jpg  20110503欅の説明s-.jpg


吉祥寺付近になると、人の流れが増えてきて繁華街。今度は吉祥寺村の鎮守武蔵野八幡宮。
吉祥寺には吉祥寺という寺はなく、川越街道沿いの文京区の本駒込にある。
元々駿河台にあったものが明暦の大火で類焼し、寺自体は本駒込に移るが門前の人々の行き場がなく、新たな土地を求めてこの地に移り住み吉祥寺の地名を伝承したもの。
似た話は、神田連雀町と人見街道沿いの三鷹の下連雀にもあり、同じ明暦の大火で住民が神田から移り住んだ。

境内入り口に、井之頭弁財天への道標があり、あちこち流浪の旅をした後に、当初の場所に程近いこの位置へ戻って来たとの説明がある。
人の流浪と、道標の流浪。

20110503武蔵野八幡宮s-.jpg  20110503弁財天への道標s-.jpg


成蹊大学の欅並木が素晴らしい。樹齢100年で市の天然然記念物樹齢100年。
源正寺の市の天然記念物イヌツゲは意外と低木だが、樹齢300年。

20110503成蹊大学欅並木-.jpg  20110503源正寺いぬ柘植s-.jpg


武蔵野大学正門手前で、これからの上水の旅第一弾の千川上水が現れる。
正門横には大きな道標を兼ねた文字庚申塔があり「東江戸道」「左すな川道」と彫られている。

20110503千川上水s-.jpg  20110503文字庚申塔s-.jpg


境橋の手前に玉川上水から分岐する千川上水の取水口があり、「千川上水清流の復活」の碑が建っている。
この上水は、東京都の清流復活事業で平成元年復活したと。

20110503清流復活の碑s-.jpg


境橋からは玉川上水となり、気持ちの良い散歩道が延々と続き、ジョッギングコースにも絶好だ。
上水沿いは昔は桜の名所で、吉野と常滑から2000本の苗木を取り寄せて延々6kmに亘り、植えられたという。
植えた理由は風流ではなくて、桜は水の毒を消すということらしく、してみると隅田川もそうなのか。

江戸時代の補植の経緯を伝える「桜樹接種碑」があり「さくら折へからす」と彫られている。

20110503玉川上水s-.jpg  20110503桜樹接種碑s-.jpg


海岸寺の茅葺の山門は、美しいプロポーションで市の文化財。

20110503海岸寺s-.jpg


少し寄り道して、鎌倉橋へ。
ここを通る道は鎌倉街道上道で、ここも以前歩いた道。今日の二つ目の鎌倉街道。

立川市に入り、砂川十番から一番まで砂川という地名が続く道筋になる。ここは砂川闘争の舞台だが遠い昔の物語になった。

途中「江の島」という気に掛かる交通標識がある。本来の江の島道とは関係なく地区計画をした人が勝手につけたとの説もあり、それは迷惑なことだ。

未来的なデザインのモノレール駅がある、砂川七番で歩き終える。


20110503鎌倉橋s-.jpg  20110503江ノ島道s-.jpg  20110503砂川七番駅s-.jpg

歩き終わってみると、墓と寺と樹と水と、と言う五日市街道だったが、玉川上水の印象が圧倒的。
一度取水口の羽村から、四谷大木戸まで歩いてみようと思ったものだ。


posted by 遊戯人 at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 五日市街道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。