2006年08月18日

二宮尊徳

街道:日光街道
場所:今市宿報徳二宮神社

20051117二宮尊徳墓.JPG

二宮尊徳:天明7年(1787)〜安政3年(1856)

薪を背負いながら本を読んで歩く姿の像で名高く、金次郎の通称の江戸後期の農政家。
小田原で生まれたが、今市で没。

遺言は「余を葬るに分を越ゆることなかれ、墓石を立てることなかれ」」だが、これに反して今市以外にもあちこちに墓が立てられているのは皮肉。


ラベル:報徳二宮神社
posted by 遊戯人 at 12:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 街道回向院 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。