2006年08月18日

英一蝶

街道:中原街道
場所:高輪付近 承教寺

20051225英一蝶墓.JPG

英一蝶:承応元年(1652)〜享保9年(1724)

江戸中期の町絵師。狩野安信に絵を、松尾芭蕉に俳譜を学ぶ。
辞世「まぎらかす浮世の業の色どりも ありとや月の薄墨の空」

墓は承教寺の本堂前に一つポツンと置かれている。


ラベル:承教寺 英一蝶
posted by 遊戯人 at 15:16| Comment(0) | TrackBack(1) | 街道回向院 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

反骨の浮世絵師 英一蝶
Excerpt: [「鳥総松(とぶさまつ)」(2005/01/06)から英一蝶(はなぶさいっちょう
Weblog: 壺中水明庵
Tracked: 2008-01-25 03:22
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。