2006年08月20日

青梅街道は如何?(その4:奥多摩むかし道など)

じっとしていても暑い、動いても暑いということで同じ暑いならと、涼を求めて、続きの鳩ノ巣から奥多摩湖まで。

出だしの鳩ノ巣には白丸ダムがあり、緑を映した湖面は美しい。

20060820白丸ダム.JPG


このコースは殆どが、多摩川とつかず離れずだが、奥多摩駅からは旧青梅街道が「奥多摩むかし道」として整備されている。
殆どが林道歩きの気楽なハイキングコースで、団体の方とも多くすれ違った。

巨岩の惣岳渓谷は、この辺だと多摩川もか細くなるが、秋が美しそう。

2060820惣岳渓谷.JPG


コースには昔、小河内ダムを作った時の水根貨物線の廃線が残っている。
そもそもこの線は、ダム建設後は観光用にという予定だったのが、車にはかなわず放置されている。
厳密には廃線でなく休止線ということなのだが、再開はありえず、将来どうなるか人ごとながら気掛かりだ。

さて、「むかし道」の一部が崩落したため、その迂回ルートとして廃線のトンネルが440Mに亘って開放されている。
思わぬところで涼に出会ったが、TVで放映もされたとかで、鉄道の廃線マニアには有名なトンネルなよう。

20060820奥多摩廃線トンネル.JPG


終点の奥多摩湖は、今はまだ満々と水をたたえているが、清涼感は無く、もやった天気を反映していた。

20060820奥多摩湖.JPG


posted by 遊戯人 at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 青梅街道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。