2006年09月04日

中山道を歩く(その2:浦和宿〜鴻巣宿)

二日目は2002年3月2日、雛の節句の前日。浦和〜鴻巣までの武州路。

埼玉副都心は、無意味に暴力的な埼玉スーパーアリーナがあたりを睥睨し、ビルの谷間のケヤキ広場も寒々しい。
広場の設計者のピーターウォーカーも、早くケヤキよ育ってくれと思っているだろう。

20020302ケヤキ広場.JPG


大宮宿はもともと氷川神社の門前町。八世紀に既に「武蔵一の宮」と定められた。
昔は参道自体が中山道だったという。

20020302氷川神社.JPG


上尾宿と進み、桶川宿の大雲寺で、背中に鎹のある女郎買い地蔵など見る。
この地蔵は夜な夜な女郎を買いに出かけるので、住職が出かけられないよう鎹を打ち込んだとの謂れ。

20020302女郎買い地蔵.JPG


鴻巣は今はお雛様で有名で、明日の雛祭りを祝って駅構内に綺麗な雛壇が作られていた。


posted by 遊戯人 at 17:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 中山道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。