2006年09月04日

中山道を歩く(その3:鴻巣宿〜深谷宿)

3日目は2002年3月30日、鴻巣宿〜深谷宿。

丁度桜の頃で、あちこち目を楽しませながらの歩き旅。
野仏も花の季節を歓んでいる。

20020330野仏.JPG


熊谷宿は、一の谷の戦いで平敦盛を討ち取ったことで有名な熊谷直実の父、熊谷直貞に因んでいる。
残念ながら戦災に遭い、宿場の趣はない。

本陣竹井家の別邸だったと言う星渓園は、新旧入り混じっているが建物と庭の調和が美しい。

20023030星渓園.JPG


深谷宿の入り口には名物の見返りの松。昔旅人が飯盛り女との別れを惜しんだ場所。
残念ながら、今は松くい虫で弱って切り倒されてしまった。

20020330見返りの松.JPG


深谷は煉瓦の町。
今日の終着点深谷駅も東京駅を模してクラシックに建替えられているが、その外観だけの芸の無さに驚く。
設計者はJR東日本高崎支社。

20020330深谷駅.JPG


posted by 遊戯人 at 21:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 中山道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。