2011年11月22日

品川道・筏道(その2:二子玉川〜大井)

二子玉川は大山街道が通っており、以前歩いた折に筏道の碑を見た記憶があった。
続きを歩く前にまず、その碑を確認に。

碑は次大夫掘(六郷用水、丸子川)の次大夫橋の袂にあって、「右 むかし筏みち むかし 大山みち」と彫られている。
二子玉川郷土史会が建てていて、大山道が前面の通り、碑に向って次大夫掘沿いの道を右に行くと筏道に繋がると言う意味なのだろうか。かなり趣旨不明だった。

246号を越えると六郷用水沿いの道は国分寺崖線沿いに続き、「左西赤坂道、南大山道、右東目黒道」と彫られた大山街道の道標がある。

横に玉川地団協が建てた「南大山道道標」と彫られた石柱があるが、本物の道標の「南」は単に方角を示しているだけで南大山街道と言う街道はなく、石柱の「南」は余分。
この用水沿いの気持ちの良い道は以前歩いた鎌倉街道中道でもあり、途中で鎌倉街道は上野毛方面へ分岐する。

2011112筏道碑s-.jpg  20111112大山街道道標s-.jpg  20111122六郷用水沿いの道s-.jpg


用水の北側に面する住宅には接道がなく、自費で掛けたらしい橋が一軒ごとについている。
そこが軒並み駐車場代わりに使われているのも、不思議な光景だ。

20111122駐車橋s-.jpg


川沿いにある善養寺に詣でる。
善養寺は都内でも有数のカヤの巨樹があるが、境内は意味不明の石像が沢山あって不思議感が横溢している。
ここで「みきハ京三ち」と刻まれた道標を発見する。
この道標の文字は、前回歩いた時に砧南小学校の寝の石碑に刻まれているものと同じで、善養寺のものは下部で継いでいるのでいるので本物らしい。
誰が砧南小学校前に、碑を建てたのか、そもそも何故善養寺に本物の碑があるのかも謎のまま。

20111122善養寺s-.jpg  20111122善養寺カヤs-.jpg  20111122善養寺道標s-.jpg  


真新しく立派な五重塔のある、伝乗寺に立ち寄る。
道端の壁に塗り籠められた、庚申塔も愛らしい。

20111122伝乗寺s-.jpg  20111122庚申塔s-.jpg


宝莱山古墳、多摩川台古墳群、亀甲山古墳などを見学。
一番大きく、国の指定史跡でもある亀甲山古墳が発掘されていないのは何故か不思議。
多摩川台公園の一角に古墳展示室があるが、人影は見られなかった。

多摩川園駅の傍の、北条政子縁の浅間神社も古墳の上に作られている。

20111122発掘品s-.jpg  20111122浅間神社s-.jpg  20111122多摩川3s-.jpg


街道はここから中原街道を戻って洗足池へ繋がり、そこから東に向かい大井へ至る。
洗足池は色々な史跡があって興味深いが、中原街道を歩いた時に見ているので省略して先を急ぐ。

この道は典型的な尾根道で、昔ながらの心地よいスケールの地元の商店街が続き、荏原駅のそばに、天保二年銘の品川道の道標がある。

街道沿いに伊藤博文の墓所があるが、公開されておらず敷地には入れない。

20111122商店街s-.jpg  20111122品川道道標s-.jpg  20111122伊藤博文墓s-.jpg


池上からの鎌倉街道下道を歩いた時に見逃した、光福寺の「大井の井」に脚を伸ばす。
了海上人の産湯の井と言われ、地名の大井はこの井戸に由来するとも言う。

寺には善福寺の逆さ銀杏の一枝を植えた兄弟銀杏があり、明治時代までは漁民の航行の目印ともなっていて、区随一の巨樹という。
これを見て歩き終えた。

20111122大井の井s-.jpg  20111122光福寺s-.jpg  


posted by 遊戯人 at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 品川道・筏道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。