2006年10月24日

和泉式部(その2)

街道:中山道
場所:細久手宿〜御嶽宿間

100059-1.JPG

和泉式部:生没年不詳、天元元年頃(978年?)出生とするのが通説。
平安時代女流第一の歌人だが、恋多き女としても著名。

和泉式部はこの地で病になり、鬼岩温泉で湯治したりしたが、勧進3年(1019年)没したという。

辞世「生くべくも思ほえぬかな別れにし 人の心ぞ命なりける」 

これは、甲州街道の温泉寺についで見た二つ目の和泉式部の墓。
碑には「「ひとりさえ渡れば沈むうきはしの あとなる人はしばしとどまれ」の歌が刻まれている。


ラベル:和泉式部
posted by 遊戯人 at 16:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 街道回向院 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。