2006年10月24日

西行

街道:中山道
場所:大井宿

20061011伝西行塚.JPG

西行:元永元年(1118) 〜文治6年(1190)

平安時代末期から鎌倉時代初期にかけての知らぬ人もない歌人。
山家集などで著名。
桜に生き、桜に死したような西行は、今も桜好きな日本人の心を捉え続けている。

辞世「ねがはくは花の下にて春死なむそのきさらぎの望月のころ」

墓は河内の弘川寺だが、他にも日本各所に伝説的に存在し、ここもその一つ。
「伝」西行塚と示してあるだけ良心的だが、周りは薄暗い杉木立で桜狂いの西行も困惑する場所だろう。


ラベル:西行
posted by 遊戯人 at 17:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 街道回向院 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。