2012年11月25日

三国街道(その3:中山本宿〜猿ヶ京宿)

三日目は中山本宿までバスで戻り、街道に二筋ある道筋の中山新田宿へ向う。
道すがら意外なことに、西に浅間山が良く見えて目を楽しませる。

20121125浅間s-.jpg


新田宿は本宿の12年後に開かれたが、近道だったためこちらの方が栄えたと言う。本陣の平形家の長屋門は郵便局などに使用されたが今は住宅門屋として登録文化財となっている。
水平方向に伸びやかなこの建物は、格子窓、手摺などの細かい分割されたプロポーションも美しく、心地よいリズムを刻む。

20121125住宅門屋s-.jpg  20121125手摺s-.jpg


中山集落の先に「街道一の清水」があるが、その名に反して残念ながら水は枯れている。

20121125街道一の清水s-.jpg


赤根トンネルの手前で街道は林道になり、中部北陸自然歩道の標識に出ている金比羅峠への道を辿る。
坂を上って行くと直ぐに塩原太助の馬つなぎの松。此処に来るまでうかつにも、塩原太助が三国街道の知名人とは露知らず。
往時の松は樹齢300年を越えたらしいがそれは枯れて、二代目の松が植えられている。

20121125分岐点s-.jpg  20121125塩原太助馬つなぎの松s-.jpg


林道で高山村と旧月夜野町の境界が金比羅峠、そこからは山道に入り程なく不動峠の小さな石宮があり風光明媚なこの地に長岡藩主が旅人の道中安全を願って立てた、と説明板に書かれている。
あいにく、木々が視界を遮っているが松林越しに上越国境の雪景色の山々が美しい。

20121125金比羅宮s-.jpg  20121125上越国境山s-.jpg


石宮からは踏み跡がほとんどない斜面を下り、途中の野仏に慰められながら程なく林道に合流する。
林道の途中に展望台があり、谷川岳のトマの耳、オキの耳をはっきりと視界に捉えることが出来る。昔登って、多分もう登らない山だが懐かしい。

20121125野仏s-.jpg  20121125谷川岳s-.jpg


林道を少し下ると、何の標識もない左に入る山道があり、これが旧道となっている。
後日地図で確認すると1/25000の国土地理院のものには破線表示されていたが、足を踏み入れるにはちょっと勇気のいる道だ。この辺は街道歩きの人にも結構な難関で、パスする人も多いのか地元の好事家以外に三国街道として歩いた記録を見かけていない。
道には、紛らわしい分岐が一箇所あるがそれ以外はさほど迷うことない。
南中山道、東月夜野道と刻まれた比較的新しい標石がある。五街道の中山道にはあまりにも遠いので、中山宿の中山だろうか。
途中に立派な石垣の跡があるが、もちろん何の説明板も見当たらず後日調べても不明だった。山城の跡にしては規模が小さすぎるので、昔の茶屋跡だろうか。

20121125塚原への旧道s-.jpg  20121125道標s-.jpg  20121125石垣s-.jpg


溜池を横に見て野仏の見守る塚原宿へ入る。
塚原宿は僅か300mほどの宿場だが、緩やかな道沿いにゆったりとした雰囲気が漂う。
宿の入り口に三国街道の説明碑が埋め込まれた塚原宿の石碑が建っている。たまたま居合わせたご老人に山中の石垣の事を伺ったがご存じないようだった。

20121125塚原宿野仏s-.jpg  2012125塚原宿s-.jpg


街道は此処から赤谷川へ向かい、桃野発電所の付近から船渡しで対岸に渡るが、現在は道は途切れているので県道で下新田宿に向かう。
下新田宿には塩原太助翁記念公園があり、銅像やら、記念館やらが集まっている。傍に今は普通の民家の太助の生家跡、隣に問屋跡がある。

20121125塩原太助公園s-.jpg  20121125塩原太助生家s-.jpg


今宿、布施宿とあまり見るべきものはなく、足を急ぎ、河岸段丘を上って須川宿へ辿りつく。
この宿は「たくみの里」として観光展開を行っていて、寂れ行く地方で頑張っているのが目に付いた。

街道の宿場で観光地化して有名なものは東海道の関宿、中山道の馬籠宿、妻籠宿、善光寺街道の海野宿などがあるが、これらは何れも鉄道路線から外れたことが結果的に古いものを残す事になり、それを逆手に取った観光地化・宿場整備が行われている。

須川宿もほぼ似た状態で、鉄道こそ近くを通っていないが、明治になって近くの宿場をショートカットする道路が出来た事によって寂れる一方だった。
ところが、周辺にある素朴な野仏を人集めに使う企画の村おこしが1980年代始まって、次に宿場内の街道を群馬県唯一の歴史国道として指定・整備し、さらに街道周辺に「たくみの里」として体験型の施設を多数展開して現在に至っている。

須川宿は特産もなく、かといってみやげ物ばかりを売る観光施設の集積でもなく、昔の宿場の雰囲気が良く再現されているわけでもないのだが、街道・宿場の活用の一つのあり方として興味が持てた。

20121125須川宿s-.jpg  20121125須川宿本陣跡地s-.jpg  20121125野仏巡りs-.jpg


須川宿を出ると、例の自然歩道の標識が途切れ途切れに現れる。赤谷川にある気恥ずかしい名前の「あいのわたし」橋を越えて浅地集落、杉の巨樹の御神木のある日枝神社、主幹が欠落して無残な上杉謙信ゆかりの逆さ桜など見物。

20121125日枝神社s-.jpg   20121125逆さ桜s-.jpg


街道は相股宿から猿ヶ京宿へ繋がるが、現在は赤谷湖の水の底。
赤谷湖の、左奥に気に掛かるのは三国峠だろうか。右には上越国境の谷川岳から仙ノ倉、平標山が雪化粧。

20121125赤谷湖s-.jpg  20121125平標山s-.jpg


日暮れ前に何とか猿ヶ京宿に辿りつき、またしても温泉に入る時間が見当たらず、本格的な冬に入ろうとしている侘しく見える温泉街を後にした。

三国峠を越えるのは何時の日か、と思いつつ。

20121125猿ヶ京関所跡s-.jpg  20121125猿ヶ京宿s-.jpg


posted by 遊戯人 at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 三国街道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。