2013年09月12日

杖突街道(その1)

塩の道は、相良、掛川から塩尻までの南塩、塩尻から糸魚川までの北塩とその距離も350kmに及び、派生しているルートも多く興味津々の街道だ。

しかし何せ、足の便が悪く、一筋縄では行きそうに無い。
取っ掛かりとして、塩尻から南下する塩の道の一部として、茅野から高遠までの杖突街道を歩いてみた。

杖突街道の入口は諏訪大社上社本宮と前宮の間にあり、道標がある。
道標には「従是北 高島江 一里二十丁 東 金沢宿 二里ニ丁 南 御堂垣外宿二里二十丁」と刻まれている。
高島は甲州街道の上諏訪の高島、金沢宿も甲州街道だ。
南に向かう杖突街道は、高遠の御堂垣外宿を通る。
二里二十丁は意外と近いが杖突街道はバス便も何もないので、今日は行っただけ戻らなければならない。何処まで行けるか。

20130910杖突街道道標s-.jpg


高部遺跡や塚屋古墳を過ぎると、道は下馬沢川沿いの道となり、急な上りが続く。
諏訪はフォッサマグナの糸魚川・静岡構造線と中央構造線が交わり、杖突峠までの登りは正に中央構造線沿いに登って行く。
登り口の標高は770m、杖突峠は1,247mなので標高差は500m弱にもなる。近くの中山道の塩尻峠は標高は1,050mなのでそれを遥かに上回る。

小袋石が森の中にあり、小山のような巨石の姿だ。
磐座信仰遺跡の一つという説明書きがあり、別名舟繋ぎ石とも言い、古代の舟繋ぎ石として言い伝えられていると。確かに頂上部が舟を繋ぎやすい形のようだ。
このような山中に舟繋ぎ石も不思議だが、太古は諏訪湖の水は標高900m付近まで水を湛えた巨大湖で、その一部が決壊して縄文の頃は標高800m程度の水面になったと言う。
巨大湖は石器時代以前の先住民もいない太古の時代で辻褄は合わないが、ロマンのある話。
ミシャクジ神やら、守矢氏やら、何があっても不思議と思われない諏訪では、何となく納得してしまう説明だ。

20130910小袋石-.jpg


街道は数箇所分岐があるが、勿論何の標識も出ていないので紛らわしい。
所々に小さな祠や、苔生した石碑があり、街道だと確認できる。

20130910杖突街道1s-.jpg  20130910小祠s-.jpg   20130910石碑s-.jpg


道は川の源流を過ぎると、大曲、七曲という方向感覚が狂う曲がりくねった道筋となる。
眺望は殆ど無いが、一箇所だけ茅野方面を見下ろして八ヶ岳が遠望できる地点がある。

20130910八ヶ岳遠望s-.jpg


街道は程なく国道152号線に合流し、杖突峠に達するが何の標識も無い。
峠を越えると伊那市の高遠になり、杖突街道の標識が初めて現れる。

古屋敷に入ると、今度はまた小袋石が現れた。
説明には『四丈四方(12メートル四方)の袋形をしていることから「小袋石」と言われている。』と書いてあったが、せいぜい1.2mくらいの石で四尺四方の間違いだろう。

20130910杖突街道碑s-.jpg  20130910高遠小袋石s-.jpg


古屋敷に守屋神社があり、蘇我馬子と争って破れた物部氏の落人が定住し物部守屋を祀った神社という。
古屋敷自体が物部氏の居住地で、守屋山もあり、諏訪の神長官守矢氏と関係があることも間違いない。
この辺の絡み合いは、複雑怪奇で街道歩きの話題としては悩みが多すぎる。

20130910守屋神社s-.jpg


この先も面白そうだが、バスもないので、ここから戻る事にする。
4月の桜の頃だけバスが運行されるので、歩き継ぐのはその時だろうか。

152号線で茅野まで戻ったが、信州三大展望と言われる峠の茶屋から見晴るかす、八ヶ岳から塩尻峠までのパノラマビューが素晴らしい。
日本武尊が杖を突いて休んだ事から杖突峠と名付けられたというが、日本武尊もこの景観を楽しんだだろうか。
山に挟まれた地形を眺めると、太古の時代は巨大な湖があったことも間違いないように思われる。

国道を下ってゆくと細い脇道があり、「古代の交通路こかい峠口」の説明板と石碑がある。
説明板には、この道は古代の東山道で「こかい」は「小飼」とも「小海」ともいわれ、坂上田村麻呂や伝教大師も通ったと書かれている。
隣には比較的古い石碑があるが、「志つか雲山一夜道」と刻まれている様に見え、東山道とは無関係のようだ。

20130910峠の茶景観s-.jpg  20130910東山道碑s-.jpg


縄文人、出雲族、大和族、物部氏、守矢氏、東山道と慣れぬ歴史で混乱しながら、歩き終えた。


posted by 遊戯人 at 10:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 塩の道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。