2007年06月02日

日光例幣使道(その2:太田宿〜岩舟)

気配だけだった麦秋が、完全な黄金色の麦秋へ変わっている日光例幣使道の2回目は、太田宿から犬伏宿少し先の岩舟まで。

犬伏宿の少し先に、最近何かと身の回りに出没する慈覚大師円仁の生誕の地があることもわかり、それを詣でることも目的といえば目的。

上野と下野を小さな川で分け、八木宿、梁田宿と進むと渡良瀬川。

120913s-.jpg  141122s-.jpg


少し山が近くなる。
刈り取った麦の跡の不思議な縞模様の彼方、小高い丘には先日遊んだ足利の、栗田美術館が遠望され懐かしさを覚える。

144007s-.jpg


風の踏み跡を残す麦秋が美しい。

144841s-.jpg


佐野市となった天明宿は街中にまだ古さを残し、「家紋のまち」でも町おこし中だ。

163056s-.jpg


日暮れも迫り、犬伏宿をやり過ごし、カタクリで有名な三毳山の山すそを回り込むと慈覚大師の誕生の地。
壬生の壬生寺も慈覚大師の誕生の地とされていて、真偽はわからないが、どちらにせよ信ずる方が正しいのが宗教の習い。

175508s-.jpg


9歳まで修行したという、高平寺は門前の麦秋が只一時の趣をそえる。

181959s-.jpg


三毳山に暮れる陽は、それを見届ける人にだけ空に一瞬の耀きを贈り届けるようだった。

183234s-.jpg

上田に遊んだ時の茜の空を思い出した。


posted by 遊戯人 at 23:00| Comment(0) | 日光例幣使道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。