2007年01月13日

中山道打上旅(サイドメニュー:近江八幡)

中山道も草津まで残す所僅かだが、近江八幡へ寄り道。
近江八幡は豊臣秀次が安土城の城下をそっくり移してきたのが起源で、琵琶湖に繋がる八幡堀などの水路と町屋が美しい。

近代的な都市の姿と、歴史的なものの保存を上手に棲み分けて、望ましい都市の姿の見本のようだ。

番町通り
200701113近江八幡1s-.jpg

八幡堀
20070113近江八幡八幡堀s-.jpg


日本全国に建物を残した建築家のヴォーリズは、ここ近江八幡に事務所を置いた。
街中にも多くの建物が残っており、ヴォーリズ行脚の趣がある。どの建物も古さを感じさせず、優しくヒューマンなデザインが息づいている。

20070113ヴォーリズ住宅s-.jpg

20070113ヴォーリズ学校s-.jpg

近江八幡のような町は、住んでいる人々も心豊かに違いないと思いつつ街道に戻った。


posted by 遊戯人 at 23:00| Comment(0) | 中山道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。