2007年08月05日

善光寺西街道(その2:西条宿〜松本宿)

青春18切符の季節で、前回の間の宿西条から歩き始めたのは1時前。

中山道の十三峠ほどではないが、中峠、立峠、刈谷原峠と上り下りでしかも殆ど登山道のような峠越えが多いのがこの街道の特徴。

立峠では道迷いしたり、前日の雨のせいか特段に足元の悪い刈谷原峠では往生したりも。
勿論物好きな旅人には一人も会う筈もなし。

立峠石畳
20070731立峠石畳s-.jpg  20070731立峠s-.jpg

刈谷原峠
20070731刈谷原峠s-.jpg

歴史は木曽義仲以外はあまり残っていないが、山道ぽい所の多さは、逆に山好きの人には堪えられない、街道歩きと山歩きと一石二鳥の良い街道と言える。

峠越えで予想外に時間を取られ、何とか日のあるうちに松本に辿りつく。
今年の春に立ち寄った中通りが、とても懐かしく感じられた。

20070731松本中通s-.jpg


posted by 遊戯人 at 16:41| Comment(0) | 善光寺西街道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。