2007年12月27日

身近な街道大山街道(その2:三軒茶屋〜溝口)

三軒茶屋から二子までは世田谷通り沿いの旧道と、国道246号沿いの新道とあるが、今回は旧道を行く。
短い距離だが、新旧色々な見所多くあちこち立ち寄りながら飽きずに歩くことが出来た。

三軒茶屋からの東急世田谷線は、都内で都電の荒川線と共に数少ない軌道線。僅か5kmの営業だが二両編成でゆっくり動く姿を見ると、心が和む。

20071227世田谷線s-.jpg


街道から少し外れて松陰神社へ。
小塚原回向院から改葬された松陰の墓がここにある。萩の松下村塾も再現されている。
辞世
 身はたとひ武蔵の野辺に朽ちぬとも 留め置かまし大和魂

享年僅か30歳。


20071227松陰神社s-.jpg


円光寺では境内に、踏切まである立派な軌道が。
鉄道好きの付属幼稚園の園長さんが作ったらしいが、残念ながら移転でレールの跡だけが残る。

20071227円光寺s-.jpg


ボロ市が開かれる通りにある、立派な屋敷は井伊直弼で有名な近江彦根藩世田谷領の代官であった大場氏が勤めた代官屋敷。
つい最近まで世田谷区長だった大場啓二氏は、その末裔。代官屋敷の保存も行き届いている訳か。

20071227代官屋敷s-.jpg

ちなみに井伊直弼の墓は、松陰神社のすぐそばの豪徳寺にあり、幕末の安政の大獄の弾圧した側とされた側が、すぐ傍に眠るという歴史の皮肉。


弦巻の公園に一服している旅人の像が。
さして有名でもない街道に、このような像を設置した人の遊び心が楽しく、弦巻商店街も「大山街道の通る道」の幟を掲げている。

20071227旅人像s-.jpg


用賀商店街を通り抜け多摩川に近づくと、玉川神社、玉川寺、玉川大師と玉川の名を冠した社寺が固まっている。

玉川大師は善光寺のような暗闇の地下霊場があり、四国88箇所と、西国33番が同時に巡礼できる有難さ。
街道歩きをする人は一度は行かねばなりますまい。

20071227玉川大師s-.jpg


多摩川を二子橋で渡る。
多摩川を車で渡ることは多いが、歩いて渡る人は多くない。
東海道の六郷橋、甲州街道の日野橋、中原街道の丸子橋、それにこの二子橋の4箇所で多摩川を渡った事になる。

二子橋を渡ると、大山街道をテーマに街おこしが行われており、商店の口上や、看板に意気込みが感じられ、大山街道ふるさと館もある。
地域にはゆかりの文化人も多く岡本かの子、岡本太郎、濱田庄治、国木田独歩などが楽しめる。

濱田庄治の「巧工不留跡」の碑を見て、日も落ちた。

濱田庄治碑s-.jpg


posted by 遊戯人 at 23:00| Comment(0) | TrackBack(1) | 大山街道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

いのちのパレード
Excerpt: 15篇の異様極まりない作品集。どの作品にも「異様」という言葉に加えて「突飛」という言葉すら当てはまる。それは、読者の予想が大きく裏切られるという、読み手側にとっての楽しみが大きいという意味だ。例えば、..
Weblog: ふうかのブログ
Tracked: 2008-01-22 15:41
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。