2008年01月05日

身近な街道大山街道(その3:溝の口〜すずかけ台)

この日は川崎横浜の丘陵地帯で、246号と東急田園都市線を縫うように進み、細かなアップダウンが特徴だ。

20080105坂s-.jpg


駅にすると、溝の口 、梶が谷 、宮崎台 、宮前平、 たまプラーザ、あざみ野 、江田、 市が尾、 藤が丘、青葉台 、田奈、長津田 、つくし野、すずかけ台 。

車だと殆ど246号の走りなれた道だが、街道を歩くと右に左に紆余曲折、比較的なじみの所だけに逆に方向感覚を喪失するような違和感がある。

荏田宿が昔は江戸から一日目の宿場。昔の人は大山まで一泊二日で歩いたか。健脚だ。
この付近はお地蔵様や庚申塔が丁寧に保存されていて、土地の人々のよすがとして生き続けている。
水玉のお地蔵様が可愛らしい。

20070105水玉お地蔵様s-.jpg


荏田から先は新興住宅街の中に道は消え、さながらルートファインディングのような趣となる。

道筋は庚申塚や馬頭観音はいつものことだが、地神塔なども見られ昔の農村の信仰の篤さが感じられる。長津田の地神塔は達筆だ。

20080105地神塔2s-.jpg


すずかけ台手前の、馬の背では眼下の町越しに大山が眺められる。
美しい日の入りの光景が、また次の日の旅を誘っていた。

20070105馬の背夕焼けs-.jpg


ラベル:大山街道 荏田宿
posted by 遊戯人 at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 大山街道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。