2008年02月23日

身近な街道大山街道(その5:本厚木〜大山阿夫利神社下社)

今日が大山街道最終日。

本厚木駅から街道に戻り、迷う筈のないところであれこれ道迷いしながら、愛甲宿へ出る。
入り口に、左大山道と書かれた道標を兼ねた庚申塔がある。ここは地名は何故か愛甲宿でなく宿愛甲。

110106s-.jpg 110428s-.jpg


大山の姿も近くなるが、折りしもの強風に煽られ、またしても道迷い。
何とか東名高速を越え、東〆引の道標へたどり着く。ここからは一本道なので一安心。

道標に書かれている「七五三引村」の七五三でシメと読む地名は初めてで、興味を引く。
いわれはしめ縄で、今のしめ縄は、まん中の太くなった横紐に、3本の縄をぶら下げるが、かつては、同じ太さの横紐に、3本、5本、7本の縄をぶら下げた。
そのため、しめ縄のことを「七五三縄」とも書き、それから七五三をシメと発するようになったとか。
この道標は明和9年(1772)のものなので、それ以前から七五三はシメだったわけだ。

115227s-.jpg 125156s-.jpg 


洞昌院に立ち寄り、太田道灌の墓を詣でる。思ったより質素な姿だ。

20080224太田道灌墓 s-.jpg


三の鳥居を過ぎると、門前町で講中の宿が立ち並び名物の豆腐料理の店も多い。

141016s-.jpg 142406s-.jpg


ケーブルをやり過ごし、当然足で登り、女坂でまず大山寺へ。
元々は大山阿夫利神社と大山寺は一体のものだったが、明治の神仏分離で分かれたとか。

20080224大山寺階段1s-.jpg


大山阿夫利神社下社では、白いものがちらほら。
山頂の本社、奥社は何度も訪れているので今回は遠慮して、ここで歩き終える。

大山寺、阿夫利神社下社にあれこれ願い事多し。
20kmほど歩いて、700mほど登ったので、それに免じて少しはご利益があることを期待したい。

20080224阿夫利神社s-.jpg 20080224下社からs-.jpg


posted by 遊戯人 at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 大山街道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。