2008年05月17日

鎌倉街道下道(その1:鎌倉〜上大岡)

鎌倉街道は鎌倉から高崎方面へ向かう上道、小山方面へ向かう中道、松戸方面へ向かう下道とあるが、いずれも分岐や支道を持ち、消滅している部分も多い。
五街道とは違い、歩くには一筋縄ではいかない街道だ。

しかしあちらこちらで名前を聞き、それにちなんだ故事来歴、地名も多く興味を引く。
身近にある街道にもかかわらず、何となく曖昧さが手を出すのを躊躇させていたが、まずは下道を歩いてみることにした。

街道の基点は鎌倉鶴岡八幡宮だ。

20080517鶴岡八幡宮s-.jpg 


ここから六浦までは金沢街道と言われていて、鎌倉七口の一つ朝比奈切り通しを抜けていく。
鎌倉第一の古寺杉本寺は、坂東三十三観音の第一番札所であり、階段の苔が美しい。
三体の十一面観音は行基、慈覚大師、恵心僧都の作とされ、街道歩きの始まりに相応しい豪華さだ。
この近辺には竹の美しい報国寺、鎌倉五山の一つの浄妙寺などもあり、寺巡りも面白い。

 20080517杉本寺s-.jpg


朝比奈切通は、思いのほかの山道でハイキングコースとしても丁度良い。峠では時代を感じさせる磨崖仏に出会うことも出来る。

20080517朝比奈切通s-.jpg  20080517磨崖仏s-.jpg


切通を下り終わると、市街地に入り、日蓮や吉田兼好の謂れの上行寺を過ぎ、金沢八景では明治憲法起草の地などの碑が。

20080517明治憲法起草の碑s-.jpg


金沢文庫からは市街地を離れ、再び山道の六国峠のハイキングコースになる。
今の海岸寄り平坦な土地は昔は無くて、海だったと言うことだろう。

コースの途中に現在の地名の能見台の元になる、能見堂跡がある。
金沢八景も、そもそもここに立ち寄った中国僧心越禅師が、ここから見た景色が、中国の瀟湘八景にそっくりと絶賛したことから名付けられたとか。

150513s-.JPG


山道を終わり、大規模な能見台団地を過ぎると大岡川に沿った古道の雰囲気を残す道が続く。
史跡は無いが、崖線に沿った車の殆ど通らないのんびりした道が楽しめる。
ところどころに”かねさわ道”の案内が出ていて、保土ヶ谷から六浦までの古道をそうも言ったと言うことだ。

20080517かねさわ道s-.jpg  20080517かねさわ道説明版s-.jpg


再開発で様変わりした上大岡駅で、今日の歩きを打ち上げたが、二つの山道歩きと、市街地でのルートファインディング的面白さもあって、思った以上に楽しめた一日目だった。

20080517上大岡s-.jpg


posted by 遊戯人 at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 鎌倉街道下道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。