2008年05月24日

鎌倉街道下道(その2:上大岡〜綱島)

横浜は丘陵の多い地域だが、今回の経路はまさにその通り。

上大岡の先で、初めて旧鎌倉街道の道路標識が現れて、よくある街道による町おこしも関係なさそうな鎌倉街道に、少し陽の目が当たっていた。

20080524鎌倉街道旧道標識s-.jpg


蒔田からは街道は方向を変え、急峻な坂を上る。
これも何故かというと現在の桜木町、横浜駅に繋がる平坦な地域は昔は海だったため。
しかし、山越えをしなくても巻道を取れば良さそうなものだ。
この傾向は、横浜の他の部分でも顕著で、今も昔も旅人は景色の良い尾根道を好む性向は変わらない。

20080524清水丘公園s-.jpg


下ってゆく坂も、石難坂といかにも難儀な名前が付けられている。
保土ヶ谷宿の金沢横町で旧東海道と交差する。
今まで、街道間を繋ぐ街道は歩いたが、交差するのは初めてで、残っている道標も興味深い。

保土ヶ谷宿に沿う道は古町街道とも言われ、鎌倉街道のもう一つの特徴の崖線沿いに続いている。
また、ここは古東海道にも擬せられているらしく、何の説明も無い新しい標識がある。

20080524金沢横町道標s-.jpg  20080524個東海道標識s-.jpg


保土ヶ谷宿の神明社では、珍しい人形流しの池があり、「夏越しの祓」や大晦日の「大祓」でなくてもいつでも祓えると、有難い事が表示されている。早速、積もった穢れを人形に移して祓って来た。

20080524人形流しs-.jpg


横浜と言えば、ランドマークタワー。
その名の通り、尾根沿いの鎌倉街道からよく眼に入り、方向を確かめるのに好都合だ。
綱島街道の一本裏手が、鎌倉街道とは知らず、何となく愛着が湧いてくる。
鶴見川を渡って一区切りとし、今日の旅を終えた。

134503s-.jpg  161547s-.jpg


posted by 遊戯人 at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 鎌倉街道下道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。